株式会社ブエナビスタ ハイグレード都市型レジデンス
[ブエナビスタシリーズ]

経営基本方針

経営基本方針

  1. 賃貸経営は、ホテル業と同じく「サービス業」である。
    入居者に快適な住居を提供することによって、稼働率100%を達成できる。
  2. 物件の清掃を徹底すること。
    当たり前のことを当たり前にすること。
  3. 入居者からのクレーム・要望には、迅速に対応すること。
    クレーム=ピンチをチャンスに変えること。
    マンション管理改善を常に意識すること。
  4. 費用対効果を意識し、コストパフォーマンスの最大化を狙うこと。
    過剰投資を控えて、キャッシュフロー経営を常に意識すること。
  5. 長期入居促進(安定経営・入退去に伴うコスト削減)
    満室経営(退去があっても、即日リフォーム施工+客付営業へ注力)
    滞納者ゼロ経営(未収入金は企業にとって恥。家賃滞納は即日督促回収)
    上記3箇条を実現すること。

経営理念

  1. 成功の反対は、失敗ではなく、何もしないことである。
  2. 今の形を守っているだけでは、衰退する。だからこそ、企業は挑戦
    しなければ、生き残っていけない。日々の挑戦が、企業を鍛える。
  3. 困難があればこそ、知恵が湧き出る。雨降って地固まる。
  4. 損して得取れ(価値ある先行投資をせよ。ただし過剰投資・投機は厳禁)。
  5. 投機に陥らず、挑戦・先行投資をするためには、不断な勉強をせよ。
  6. 50年企業を目指すには、企業経営における価値判断の基準を以下の通り「利他の精神」とする。
    野心と志は、似て非なるものである。即ち、
    野心=私利私欲 → 一過性でいずれ衰退する ×
    志=利他の精神 → 持続可能性がある    〇
    従って、利他の精神を常に心掛けるようにすること。
    経営理念

経営信条十箇条

  1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
  2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
  3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
  4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
  5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは.........。
  6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
  7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
  9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
  10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

電通鬼十則より

page-top